天授(読み)テンジュ

大辞林 第三版の解説

てんじゅ【天授】

天から授かったもの。また、生まれつき備わっているもの。天性。

てんじゅ【天授】

南朝の年号(1375.5.27~1381.2.10)。文中の後、弘和の前。長慶天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんじゅ【天授】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1375年から1381年まで、長慶(ちょうけい)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は文中(ぶんちゅう)。次元号は弘和(こうわ)。1375年(文中4)5月27日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。命名の出典は不詳。天授年間の北朝の天皇は後円融(ごえんゆう)天皇。北朝ではこの時期、永和(えいわ)(1375~1379年)、康暦(こうりゃく)(1379~1381年)、永徳(えいとく)(1381~1384年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。九州を中心として南朝と北朝・幕府の戦いが続いていた時期である。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐じゅ【天授】

[1] 〘名〙 天から授かること。また、授かったもの。特に、生まれつきの才能。天性。天稟(てんぴん)
十訓抄(1252)六「是は紂の心おごれるによりて国これをそむく間、天授人与の時なれば」 〔史記‐淮陰侯伝〕
[2]
[一] 「だいばだった(提婆達多)」の訳語。〔大唐西域記‐六〕
[二] 南北朝時代、南朝の長慶天皇の代の年号。北朝は後円融天皇文中四年=北朝永和元年(一三七五)五月二七日に山崩れなどにより改元。天授七年=北朝康暦三年(一三八一)二月一〇日に弘和元年となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天授の関連情報