コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天授 テンジュ

大辞林 第三版の解説

てんじゅ【天授】

天から授かったもの。また、生まれつき備わっているもの。天性。

てんじゅ【天授】

南朝の年号(1375.5.27~1381.2.10)。文中の後、弘和の前。長慶天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんじゅ【天授】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1375年から1381年まで、長慶(ちょうけい)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は文中(ぶんちゅう)。次元号は弘和(こうわ)。1375年(文中4)5月27日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。命名の出典は不詳。天授年間の北朝の天皇は後円融(ごえんゆう)天皇。北朝ではこの時期、永和(えいわ)(1375~1379年)、康暦(こうりゃく)(1379~1381年)、永徳(えいとく)(1381~1384年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。九州を中心として南朝と北朝・幕府の戦いが続いていた時期である。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

天授の関連キーワード大唐西域求法高僧伝恒助法親王(2)新後拾遺和歌集花山院長親母大炊御門宗氏小笠原政康道朝法親王姉小路家綱弘助法親王深勝法親王康暦の政変鎌倉大草紙寛胤法親王鳩嶺雑事記島津伊久細川満元阿只抜都冷泉定親災異改元益田兼世

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天授の関連情報