六府(読み)ろくふ

占い用語集「六府」の解説

六府

顔面上で高くなっている6箇所ののこと。「上」・「中府」・「下府」に分けられ、「上府」は額の両端の骨、「中府」は両ほお骨、「下府」は下あごの骨、となる。基本的に財産運をあらわし、バランスよく豊満で、キズなどがないものをとする。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「六府」の解説

ろく‐ふ【六府】

※三代実録‐元慶三年(879)一〇月二四日「六府、将曹府生、府別各一人」
諸種財用の構成要素である水・火・金・木・土・穀の

りく‐ふ【六府】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「六府」の解説

ろく‐ふ【六府】

六衛府ろくえふ」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android