六波羅蜜(読み)ろくはらみつ

  • ろっぱらみつ
  • ろっぱらみつ ロク‥
  • ろっぱらみつ〔ロク〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大乗仏教の求道者が実践すべき6種の完全な徳目のこと。波羅蜜とはサンスクリット語のパーラミター pāramitāの音写。6種とは,(1) 施しという完全な (布施波羅蜜) ,(2) 戒律を守るという完全な徳 (持戒波羅蜜) ,(3) 忍耐という完全な徳 (忍辱波羅蜜) ,(4) 努力を行うという完全な徳 (精進波羅蜜) ,(5) 精神統一という完全な徳 (禅定波羅蜜) ,(6) 仏教の究極目的である悟りの智慧という完全な徳 (般若波羅蜜) である。これらのなかで最後のものは,前の5者のよりどころとなるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大乗仏教で説く悟りの彼岸(ひがん)に至るための六つの修行徳目。六度とも。布施(ふせ)(完全な恵み,施し),持戒(戒律を守り,自己反省する),忍辱(にんにく)(完全な忍耐),精進(しょうじん)(努力の実践),禅定(ぜんじょう)(心作用の完全な統一),智慧(ちえ)(真実の智慧を開現し,命そのものを把握する)の六つ。智慧は他の五徳目の根拠となる。
→関連項目檀那菩薩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

〈ろっぱらみつ〉ともいう。波羅蜜はサンスクリットのpāramitāを音写した語で,波羅蜜多ともされる。〈完成した,到達した〉を意味し,仏教経典では古くは〈度(ど)〉,またのちには〈到彼岸(とうひがん)〉などとも訳されている。この度や到は〈渡る,到る〉の意味で,迷いのこちら側から,悟りのむこう側へ渡った,到着したことを表している。大乗仏教の最も重要な修行方法を六種とし,それらの完成した,完全なあり方を波羅蜜とづけたのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろっぱらみつとも 菩薩が涅槃ねはんの世界に入るために修める六つの行。すなわち布施・持戒・忍辱にんにく・精進・禅定ぜんじよう・智慧(般若はんにや)の各波羅蜜。六度。 → 波羅蜜
ろくはらみつ六波羅蜜

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「波羅蜜」はpāramitā の音訳。度・到彼岸などと訳す) 仏語。大乗菩薩の六種の実践修行。布施・持戒・忍辱(にんにく)・精進・禅定・智慧の六種で、これによって涅槃の境界に至ることができるとされる。六度。ろっぱらみつ。
※往生要集(984‐985)大文四「時諸仏胸。出百千光、一々光説六波羅蜜
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「六波羅蜜の身心相に住せる所」 〔法華経‐序品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の六波羅蜜の言及

【般若経】より

…ただし単一の経典ではなく,諸種の般若経典を総称したもの。何ものにもとらわれない〈空観(くうがん)〉の立場に立ち,またその境地に至るための菩薩の〈六波羅蜜(ろくはらみつ)〉の実践,とくに〈般若波羅蜜〉の体得が強調される。そこから従来の部派仏教に対しては厳しい批判的な態度をとる。…

【彼岸】より

…同書には,太陽が真東から出て真西に没する春分・秋分にこそ日想観を行い,極楽往生を願うべきであることがのべられている。彼岸会は盂蘭盆(うらぼん)会とともにはやくより仏教行事となっており,その典拠なり意味づけについて今日ひろくなされている説明は,六波羅蜜の徳目(布施・持戒・忍辱(にんにく)・禅定・精進(しようじん)・智慧)を前後3日のそれぞれにあて,中日は先祖に感謝する日とし,宗教的理想に向かっての実践週間が〈お彼岸〉だとするものである。巧みな解釈ではあるが,これでは彼岸が日本独自の国民的行事になったことの説明にはならない。…

【仏教】より

…定と慧を合わせて止観(しかん)ということもある。大乗では実践を六波羅蜜(ろくはらみつ)にまとめる。波羅蜜とは完成されたあり方,もしくは理想世界(彼岸)にわたることと解釈される。…

※「六波羅蜜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六波羅蜜の関連情報