コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共力剤 きょうりょくざいsynergist

世界大百科事典 第2版の解説

きょうりょくざい【共力剤 synergist】

薬剤自身は薬効を示さないが,殺虫剤と混合して用いると殺虫効果を著しく高めるような薬剤。ジョチュウギク成分の殺虫剤であるピレスロイド系薬剤には,セサメックス,ピペロニルブトキシド,スルホキシド,プロピルアイソームなどの共力剤が知られる。これらは殺虫剤の生体内での代謝分解を行うミクロソーム複合酸化酵素(mfo)の阻害剤で,ピレスロイドの生体内における分解を抑えることによって殺虫剤の薬効を高める。カーバメート系殺虫剤の代謝分解も,前記のmfoによって行われるので,これらmfo阻害剤は共力剤となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

共力剤の関連キーワード農薬

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android