コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同体規制(読み)きょうどうたいきせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同体規制
きょうどうたいきせい

村落共同体においては,その成員の各経営に対して耕作規制がかかってくる。共同体が所有する土地の利用,管理が一定の時期内に一定の義務を伴うものとしてすべての成員によってなされるばかりでなく,成員の私的領域にまで規制が及ぶ。これにより村落共同体全体の生産ならびに生活が維持されていく。離脱行為者に対しては制裁 sanctionがなされ,共同体規制は共同体強制に転化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の共同体規制の言及

【共同体】より

…したがって,そこに共同体成員の行動を規制する社会規範が存在するのは当然のことである。これが共同体規制と呼ばれるものであり,共同体は社会統制の場でもある。こうして共同体は経済的に自立し,共同体規制によって統合された自律集団をなす。…

※「共同体規制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同体規制の関連情報