コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同学習 きょうどうがくしゅうgroup study

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同学習
きょうどうがくしゅう
group study

集団のなかでその成員が自主的な討議や実践を通じて学習を進めるという学習方式。教師主導に陥り,児童,生徒が受動的になりやすい傾向がある一斉学習の欠陥を克服するために案出された。古くは大正期に及川平治の「分団式動的教育法」,木下竹次の「相互学習論」の提唱にみられ,第2次世界大戦後は社会科教育の学習法として強調された。現在では特に社会教育において,青年の学習方式として重視されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

共同学習の関連キーワードアクティブラーニング聴覚障害教育特別支援学級青少年運動特殊学級交流教育PTA青年団私塾

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android