コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同学習 きょうどうがくしゅう group study

1件 の用語解説(共同学習の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共同学習
きょうどうがくしゅう
group study

集団のなかでその成員が自主的な討議や実践を通じて学習を進めるという学習方式。教師主導に陥り,児童,生徒が受動的になりやすい傾向がある一斉学習の欠陥を克服するために案出された。古くは大正期に及川平治の「分団式動的教育法」,木下竹次の「相互学習論」の提唱にみられ,第2次世界大戦後は社会科教育の学習法として強調された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同学習の関連キーワードQCサークル社会意識生活共同体父系制母系制自主的信者自主投票自主トレーニング食生態

共同学習の関連情報