コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下竹次 きのしたたけじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木下竹次
きのしたたけじ

[生]明治5(1872).福井
[没]1946
大正期の新教育の実践家。東京高等師範学校卒業。 1919年奈良女子高等師範学校付属小学校主事に就任。教授法についての長年の考究の成果である「合科学習」を主唱,実践した。雑誌『学習研究』を創刊して全国的な合科学習運動を展開し,小学校教育に影響を与えた。著書に『学習原論』 (1923) ,『学習各論』 (3巻,31) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下竹次 きのした-たけじ

1872-1946 明治-昭和時代前期の教育者。
明治5年3月25日生まれ。大正8年から約20年奈良女高師教授と付属小学校主事を兼任。子供の自律的学習を基本にした「合科学習」を実践し,11年に創刊した雑誌「学習研究」を通じて全国に普及させた。昭和21年2月14日死去。75歳。福井県出身。東京高師卒。著作に「学習原論」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きのしたたけじ【木下竹次】

1872~1946) 教育者・教育研究家。福井県生まれ。東京高等師範学校卒。奈良女高師附小主事として合科学習による指導を行なったことで知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の木下竹次の言及

【奈良女子大学】より

…13年同窓会佐保会を発足,女子中等教育界における勢力を伸張した。大正期に付属小学校主事木下竹次(1872‐1946)を中心に学習法の改革が探究され,月刊《学習研究》の刊行をはじめとして,新教育運動に大きな影響を与えた。第2次大戦後の49年文学部,理家政学部をもつ新制の奈良女子大学となり,53年理家政学部を理学部,家政学部に分離した。…

※「木下竹次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木下竹次の関連キーワード合科教授共同学習及川平治教育者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android