共柄(読み)ともつか

大辞林 第三版の解説

ともつか【共柄】

刀の柄を、木などで作ったものを取り付けるのでなく、中子なかご自体を柄として使えるようにしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とも‐つか【共柄】

〘名〙 刀に特別のを付けないで、刀身の延長である中心(なかご)そのものの末端を太くして覆輪を加え、そのまま柄としたもの。木の柄を加えないで、刀身と同じ鉄の柄であるところからの名称。
東国紀行(1544‐45)「彼の龍宮より褒美の太刀〈略〉ともつか白金のつば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の共柄の言及

【のみ(鑿)】より

… 刃部と柄部からなるが,鏨は両部とも鉄で一体である。これを共柄という。刃は木工用のものはすべて片刃であるが,鏨は両刃である。…

※「共柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android