コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通団体傷害保険 キョウツウダンタイショウガイホケン

デジタル大辞泉の解説

きょうつうだんたい‐しょうがいほけん〔‐シヤウガイホケン〕【共通団体傷害保険】

保険契約者と一定の関係にある団体員全員を被保険者とし、その団体員に対して同一の保険金額により契約する保険。傷害保険特約の形で付帯する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

共通団体傷害保険

保険契約者と一定の関係にある団体員全員を被保険者とし、団体員のいずれに対しても共通の1保険金額をもって契約する傷害保険を指します。普通傷害保険に共通団体傷害保険特約または交通事故傷害保険に共通団体交通事故傷害保険枠約を付帯します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

共通団体傷害保険の関連キーワード保険契約者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android