コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通傷害保険

1件 の用語解説(普通傷害保険の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

普通傷害保険

被保険者が、日本国内または国外において、急激かつ偶然な外来の事故によって身体に傷害を被った場合に保険金を支払う保険を指します。保険金の種類には、死亡保険金後遺障害保険金入院保険金手術保険金および通院保険金があります。特約により臨時費用、損害賠償責任、遭難捜索費用に対しても保険金が支払われます。積立に係る機能をこの保険に持たせ、保険期間を3年から20年の長期に設定した積立普通傷害保険もあります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普通傷害保険の関連キーワード単生保険被保険者保険価額救援者費用保険金分担契約団体契約第三者のためにする保険契約記名被保険者許諾被保険者被保険者の同意

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone