コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵主神 ひょうずのかみ

2件 の用語解説(兵主神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兵主神 ひょうずのかみ

兵主神社にまつられる神。
弓矢をつかさどる軍神とされる。実際にまつられているのは大己貴命(おおなむちのみこと)(大国主神)や素戔嗚尊(すさのおのみこと)などで,兵庫県日高町・黒田庄町・春日町などの兵主神社が知られる。「史記」の封禅書にみえる8神のなかの1神であることから,日本古来の神ではなく,外来の神とする説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

兵主神

武神,軍神として,各地にある兵主神社に祭られる神。実際に祭られるのは大貴己神,素戔嗚尊などの神だが,兵主神の名は『古事記』『日本書紀』にまったく登場せず,『日本三代実録』(901年成立)にみえる例が最初であること,『史記』封禅書に載せる諸神の中に「兵主」という神がみえることなどから,これは日本固有の神ではなく中国の「兵主」に由来する外来神ではないか,とする説もある。また,『延喜式』神名帳には19の兵主神社が出ているが,但馬国(兵庫県北部)にある7社を中心にして,山陰地方に集中することが指摘されている。

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵主神の関連キーワード大国魂神社関帝廟軍神金刀比羅宮水天宮丹生川上神社御霊神社武神新田神社大田田根子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵主神の関連情報