コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫屋弥右衛門 ひょうごや やえもん

2件 の用語解説(兵庫屋弥右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兵庫屋弥右衛門 ひょうごや-やえもん

?-? 江戸時代前期-中期の商人。
相模(さがみ)三浦郡東浦賀(神奈川県横須賀市)の干鰯(ほしか)(肥料)問屋。房総地方産出の干鰯を大坂方面にとりつぎ,東浦賀の干鰯問屋隆盛の基盤をきずいたが,寛保(かんぽう)3年(1743)撤退した。東浦賀の法幢(ほうどう)寺をたてたとつたえられる。姓は北川。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

兵庫屋弥右衛門

生年:生没年不詳
江戸中期の東浦賀(横須賀市)干鰯(肥料)問屋。北川姓。紀州漁民の房総出漁により生産された干鰯の大坂方面への取次を始め,東浦賀干鰯問屋の開祖となったと伝承されるが,江戸前期の同地の干鰯問屋は17世紀半ばには成立しており,むしろそののち,中興の基盤を築いた人物と考えられる。史料には元禄5(1692)年以降名がみえ,東浦賀法幢寺を建立したとも伝えられる同地有力商人のひとりであったが,寛保3(1743)年に干鰯商売から撤退。<参考文献>横須賀史学研究会編『東浦賀干鰯問屋関係史料』

(原直史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫屋弥右衛門の関連キーワード浦賀浦賀奉行横須賀市横須賀線横須賀沖縄の米軍基地と米軍横須賀基地横須賀市内の基地岡本伝之助松平忠政(2)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone