コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵戸 へいこbīng hù

世界大百科事典 第2版の解説

へいこ【兵戸 bīng hù】

中国,魏晋南北朝に行われた世襲的兵士。軍戸,兵家,士家ともいう。後ころから一般郡県民による徴兵制がすたれ,兵民分離の傾向がみられるが,魏・晋以後の諸政権は,流民や降伏民などを兵籍につけ,軍事労働を世襲させた。一般郡県民と区別された,国家直属の戸であるところから,賤視される傾向があったが,南朝ではしばしば解放されて郡県民となり,兵戸制度はしだいに衰えた。五胡・北朝の兵士も一種の兵戸であるが,北方民族の例としてその地位は高く,この特性がのちの府兵制に継承される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

兵戸の関連キーワード魏(中国、三国の一つ)府兵制[中国]魏[三国時代]三国時代

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵戸の関連情報