流民(読み)りゅうみん

精選版 日本国語大辞典「流民」の解説

りゅう‐みん リウ‥【流民】

〘名〙 定まった住居がなく他国をさすらい渡る人々。さすらいびと。流浪の流氓(りゅうぼう)
※東海一漚別集(1375頃)真源大照禅師行状「流民盗賊梗塗。師以行路難固拒其命」 〔史記‐万石伝〕

る‐みん【流民】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流民」の解説

りゅう‐みん〔リウ‐〕【流民】

居所を失って他郷をさすらう民。流浪の民。流氓りゅうぼう。るみん。
[類語]難民避難民ボートピープル

る‐みん【流民】

りゅうみん(流民)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「流民」の解説

【流民】りゆう(りう)みん

流亡の民。清・呉昌碩ゑて天を看るの図に自ら題す〕 熟(みの)らず 誰(たれ)か民の圖を繪(ゑが)く 天心、如(も)しれまるれば 粟(ぞく)を三輔京畿)の區に雨(ふ)らしめよ

字通「流」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android