流民(読み)リュウミン

大辞林 第三版の解説

りゅうみん【流民】

社会の混乱・圧制などにより他の土地へさまよい出て行く人々。流浪るろうの民。流氓りゆうぼう

るみん【流民】

りゅうみん(流民)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅう‐みん リウ‥【流民】

〘名〙 定まった住居がなく他国をさすらい渡る人々。さすらいびと。流浪の民。流氓(りゅうぼう)
※東海一漚別集(1375頃)真源大照禅師行状「流民盗賊梗塗。師以行路難固拒其命」 〔史記‐万石伝〕

る‐みん【流民】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流民の関連情報