兼宣公記(読み)かねのぶこうき

世界大百科事典 第2版の解説

かねのぶこうき【兼宣公記】

室町前期の公家広橋兼宣(1366‐1429)の日記。別称《宣記》。1387‐1428(元中4∥嘉慶1‐正長1)の記事がある。兼宣は後円融天皇の外戚にあたり,武家伝奏の役も務めて朝廷と幕府の連絡にもあたったので,当該時期における朝幕関係を知ることができるよい史料である。東洋文庫に自筆本が31軸あるほか,内閣文庫,宮内庁書陵部,史料編纂所に写本がある。《史料纂集》所収。【清田 善樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android