コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼宣公記 かねのぶこうき

世界大百科事典 第2版の解説

かねのぶこうき【兼宣公記】

室町前期の公家広橋兼宣(1366‐1429)の日記。別称《宣記》。1387‐1428(元中4∥嘉慶1‐正長1)の記事がある。兼宣は後円融天皇の外戚にあたり,武家伝奏の役も務めて朝廷と幕府の連絡にもあたったので,当該時期における朝幕関係を知ることができるよい史料である。東洋文庫に自筆本が31軸あるほか,内閣文庫,宮内庁書陵部,史料編纂所に写本がある。《史料纂集》所収。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

兼宣公記の関連キーワードフルハイビジョンフルHDTSUTAYA GALAPAGOSSXGAフルHD但馬地方の周産期医療紅巾の乱草庵集WXGA焼山

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android