コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史料編纂所 しりょうへんさんじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

史料編纂所
しりょうへんさんじょ

東京大学付置研究所の一つで,日本に関する史料の調査,研究,編纂,出版を目的とする。明治2 (1869) 年4月,旧和学講談所に三条実美を総裁とする史料編輯国史校正局がおかれ,その後まもなく昌平黌内に移されて国史編輯局と改称され,以後 1875年修史局,77年修史館と,名称と所属が変り,88年内閣より東京帝国大学に移管。設置以来『六国史』以後の漢文体の『大日本編年史』の編述を目的としていたが,93年中止し,95年史料の編纂をたてまえとする史料編纂掛として再発足,1901年以降『大日本史料』『大日本古文書』を毎年発行。また 07年外務省から幕末外国関係文書編纂事業を引継いだ。 29年史料編纂所と改称,49年文部省維新史料編纂事務局を合併,50年文学部から独立して付置研究所となり,現在にいたる。前記のほか『大日本古記録』『大日本近世史料』『大日本維新史料』『日本関係海外史料』『史料総覧』などを発行。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しりょう‐へんさんじょ〔シレウ‐〕【史料編纂所】

東京大学に付置する研究所。日本史の史料の研究および編集・出版を目的とする。明治2年(1869)創設の史料編輯(へんしゅう)国史校正局に始まり、修史局・修史館を経て、現在、大日本史料大日本古文書大日本古記録などを出版。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

史料編纂所【しりょうへんさんじょ】

日本の史料の収集,編集,出版などを行う最大の研究所。1869年の史料編輯(へんしゅう)国史校正局に始まり,《復古記》の編集などを行い,1888年東京帝国大学(現在の東京大学)に移管され,1929年史料編纂所と改称。
→関連項目オランダ商館日記辻善之助東山文庫森銑三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しりょうへんさんじょ【史料編纂所】

東京大学の付属研究所の一。1869年(明治2)設けられた史料編輯国史校正局に始まる。わが国の史料の調査・収集と、史料集「大日本史料」「大日本古文書」「大日本古記録」などの刊行をしている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

史料編纂所
しりょうへんさんじょ

東京大学の附置研究所で、日本史の研究機関。日本史の史料を調査・収集するとともに、『大日本史料』『大日本古文書』『大日本古記録』『大日本近世史料』『大日本維新史料』『花押(かおう)かがみ』などの史料集を編纂・出版している。史料編纂所の前身は、1869年(明治2)に明治天皇の修史事業開始の命令によって設置された史料編輯(へんしゅう)国史校正局で、その後、修史局、修史館と改称し、六国史(りっこくし)に続く正史の編纂を目ざした。しかし帝国大学に移管後、ドイツ人教師リースの勧告をいれ、95年、史料の編纂を目的とすることにし、史料編纂掛と改称した(1929年史料編纂所と名称変更)。以後、編年体史料集である『大日本史料』と古文書集である『大日本古文書』の編纂を開始、1901年(明治34)にその第1冊目として『大日本史料 第6編之1』『大日本古文書 編年文書1』を刊行した。さらに09年には外務省の幕末外国関係文書、第二次世界大戦後の49年(昭和24)には文部省の大日本維新史料の両編纂事業を合併、古代から明治維新に至る長い時代の史料の出版を行うことになり、現在に至っている。その間、田中義成(よしなり)、辻善之助(つじぜんのすけ)、黒板勝美(かつみ)、相田二郎(あいだにろう)ら、実証的研究を柱とする優れた日本史研究者を生み出している。また現在では、史料集の出版とともに、収集した史料の閲覧・公開という史料センター的機能も備え、歴史学界に大きな寄与をしている。[千々和到]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の史料編纂所の言及

【修史局】より

…その役割を果たすうえで,1872年国史編輯局は太政官制のもとで歴史課と改称され,また75年に修史局,77年には修史館となった。86年には内閣制度の施行下で内閣臨時修史局となったが,その2年後,同局は廃止されて,業務は東京帝国大学の史料編纂掛(1929年史料編纂所と改称)に移管された。【石塚 裕道】。…

【図書館】より

…この〈類聚〉という考え方こそ,後の塙保己一(はなわほきいち)の《群書類従》,明治政府の《古事類苑》などに通じる類書的発想,ひいては今日の情報管理の原則たる知りたい知識情報そのものへの接近を可能ならしめる工夫である索引,抄録の思想につながるものである。それはまた史料編纂所の大事業《大日本史料》編纂にも受け継がれている。やがてわれわれはより便利な漢和字書《和名類聚抄(わみようるいじゆしよう)》をもつが,これも一種の類書であった。…

※「史料編纂所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

史料編纂所の関連キーワード東京大学史料編纂所維新史料編纂会豊太閤真蹟集古文書時代鑑上井覚兼日記西岡 虎之助慶長日件録沼田 次郎稲垣 泰彦花押かがみ土芥寇讎記岡田 章雄宝月 圭吾斎木 一馬小野 晃嗣弥永 貞三小野晃嗣桑田忠親吉村茂樹森末義彰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

史料編纂所の関連情報