コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円融天皇 えんゆうてんのう

8件 の用語解説(円融天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円融天皇
えんゆうてんのう

[生]天徳3(959).3.2. 京都
[没]正暦2(991).2.12. 京都
第 64代の天皇 (在位 969~984) 。名は守平,法諱金剛法。村上天皇第5皇子,母は皇后藤原安子冷泉天皇の同母弟。安和2 (969) 年8月践祚。9月即位,在位 15年。永観2 (984) 年,位を花山天皇に譲り,太上天皇と称せられ,寛和1 (985) 年落飾,円融院に住し,風流文雅の生活をおくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんゆう‐てんのう〔ヱンユウテンワウ〕【円融天皇】

[959~991]第64代天皇。名は守平(もりひら)。村上天皇の第5皇子。在位969~984。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

円融天皇【えんゆうてんのう】

平安中期の天皇。在位969年−984年。父は村上天皇,母は藤原師輔の女安子。諱(いみな)は守平(もりひら)。969年即位,摂政藤原実頼。翌年師輔の子伊尹(これただ)が摂政となる。
→関連項目一条天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円融天皇 えんゆうてんのう

959-991 平安時代中期,第64代天皇。在位969-984。
天徳3年3月2日生まれ。村上天皇の第5皇子。母は藤原安子(あんし)。同母兄冷泉(れいぜい)天皇の譲位をうけ11歳で即位。藤原氏が政治を牛耳り,在位中は藤原氏内の政権争いに翻弄(ほんろう)された。26歳で譲位して仏門にはいり,円融寺に住した。正暦(しょうりゃく)2年2月12日死去。33歳。墓所は後村上陵(のちのむらかみのみささぎ)(京都市右京区)。諱(いみな)は守平(もりひら)。法名は金剛法。歌集に「円融院御集」。
【格言など】春日野に多くの年はつみつれど老いせぬ物は若菜なりけり(「拾遺和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

円融天皇

没年:正暦2.2.12(991.3.1)
生年:天徳3.3.2(959.4.12)
平安中期の天皇。名は守平。村上天皇の第5皇子で母は藤原師輔の娘の皇后安子。9歳で皇太弟となり,安和の変(969)の半年後に病弱な冷泉天皇に代わって11歳で即位した。16年間の在位中は藤原兼通,兼家兄弟の政権争いに終始し,摂政,関白も実頼,伊尹,兼通,頼忠と目まぐるしく替わった。天皇を風雅の道へ駆りたてたのもそうしたことが一因であったろう。永観2(984)年,26歳で花山天皇に譲位し,翌年,病により出家(法号は金剛法)。円融の女御詮子(兼家の娘,道長の姉)は出家して東三条院(女院号の初例)と称し,政治に口入れしたことは有名だが,出家後の円融も花山・一条朝の政治に口を出した。一方,自由な上皇の身で遊び(和歌,漢詩,管絃)や,石清水社,石山寺,南都の諸寺巡礼などへの御幸を行った。御願寺である円融寺で33歳の生涯を閉じた。陵は京都市右京区宇多野の後村上陵。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんゆうてんのう【円融天皇】

959‐991(天徳3‐正暦2)
第64代に数えられる天皇。在位969‐984年。村上天皇の第5皇子。母は皇后安子(藤原師輔女)。諱(いみな)は守平(もりひら)。967年(康保4)兄為平親王を超えて冷泉天皇(ともに安子所生)の皇太弟となる。969年(安和2)即位,摂政は藤原実頼であったが翌年に死し,師輔の子伊尹(これただ)が摂政となる。972年(天禄3)元服,その年伊尹が死ぬと,弟の権中納言兼通を内大臣に抜擢,内覧の宣旨を下し,ついで関白とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんゆうてんのう【円融天皇】

959~991) 第六四代天皇(在位969~984)。村上天皇の第五皇子。名は守平。985年出家。法諱ほうきを金剛法と号した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円融天皇
えんゆうてんのう
(959―991)

第64代天皇(在位969~984)。村上(むらかみ)天皇第5皇子。母は藤原師輔(もろすけ)の女(むすめ)、中宮安子(あんし)。諱(いみな)は守平。冷泉(れいぜい)天皇皇太弟となり、969年(安和2)11歳で即位。984年(永観2)位を花山(かざん)天皇に譲るまで在位15年。藤原実頼(さねより)、伊尹(これただ)、兼通(かねみち)、頼忠(よりただ)らが摂関として執政。譲位後は出家し円融院に住し、金剛法と号した。上皇として院庁(いんのちょう)に多数の別当を補任(ぶにん)し、大規模な組織をつくり、しばしば大堰川(おおいがわ)に行幸するなどの御遊や仏事を行ったが、それのみに終わらず、宇多(うだ)源氏に親近・密着する一方で、兼家系の藤原氏と疎隔・対立し、皇室の家長として政治に関与するところがあった。死後、円融寺の北原に火葬し、その骨を後村上(ごむらかみ)陵に納めた。[森田 悌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円融天皇の関連キーワード後崇光太上天皇為平親王嘉喜門院大石峯良荘子女王昌平親王源計子陽光院楽子内親王理子内親王(1)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円融天皇の関連情報