コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼山秘策 けんざんひさく

世界大百科事典 第2版の解説

けんざんひさく【兼山秘策】

金沢の儒者青地兼山,麗沢兄弟がその師室鳩巣から寄せられた書簡を編んだもので《兼山麗沢秘策》として世上に流布した。1711‐31年(正徳1‐享保16)の書簡を収める。全8冊。鳩巣の学問,思想を直接伝える貴重な資料であるが,その内容は当時の幕政,江戸市中の風聞,世評,交友関係等多方面にわたっており,正徳・享保期の社会情勢と,それに対する著者の意見がうかがえる。《日本経済大典》所収。【桂島 宣弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

兼山秘策の関連キーワード新井白石

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android