コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼山秘策 けんざんひさく

1件 の用語解説(兼山秘策の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんざんひさく【兼山秘策】

金沢の儒者青地兼山,麗沢兄弟がその師室鳩巣から寄せられた書簡を編んだもので《兼山麗沢秘策》として世上に流布した。1711‐31年(正徳1‐享保16)の書簡を収める。全8冊。鳩巣の学問,思想を直接伝える貴重な資料であるが,その内容は当時の幕政,江戸市中の風聞,世評,交友関係等多方面にわたっており,正徳・享保期の社会情勢と,それに対する著者の意見がうかがえる。《日本経済大典》所収。【桂島 宣弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兼山秘策の関連キーワード青地晴平大樋焼麗沢金沢の柵青地兼山青地斉賢青地礼幹小瀬助信佐々木柳庵村杉卜総

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone