コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風聞 フウブン

デジタル大辞泉の解説

ふう‐ぶん【風聞】

[名](スル)
世間のうわさに伝え聞くこと。「とかくの風聞がある」
さまざまに取りざたすること。「悪しざまに風聞される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうぶん【風聞】

( 名 ) スル
うわさとしてそれとなく聞くこと。また、そのうわさ。風評。風説。 「よからぬ-を耳にする」
世間でとりざたすること。 「悪事をたくらんでいると-される」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

風聞の関連キーワード聞き・聴き・利き石山本願寺一揆ニンマーザット開元天宝遺事オクタウィア海事史料叢書香川 悦次オーブリー水谷 幻花藤岡屋由蔵岡野知十風の便り根無し草中野業国トゥアト兼山秘策立松和平稲葉紀通畠山重忠甲子夜話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風聞の関連情報