コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室鳩巣 むろ きゅうそう

9件 の用語解説(室鳩巣の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

室鳩巣

江戸中期の儒者。武蔵国生。名は直清、字を師礼・汝玉・別号を滄浪。初め金沢藩に仕え、のち京都に遊び木下順庵に師事。新井白石と並んで英才の誉れ高く、また白石の推薦で幕府の儒官となり、経学・文章共に優れた大儒となる。著書多数。享保19年(1734)歿、77才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むろ‐きゅうそう〔‐キウサウ〕【室鳩巣】

[1658~1734]江戸中期の儒学者。江戸の人。名は直清。別号、滄浪。加賀前田家に仕え、藩命により木下順庵に学び、朱子学を信奉。のち、新井白石の推挙で将軍徳川吉宗の侍講となる。著「六諭衍義(りくゆえんぎ)大意」「駿台雑話」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

室鳩巣【むろきゅうそう】

江戸中期の儒学(朱子学)者。名は直清(ただきよ),字は師礼(しれい)。江戸郊外の医家に生まれる。木下順庵に学ぶ。新井白石の推薦により幕府の儒官となり,厚く朱子学を奉じ,徳川吉宗の信任を得て,享保改革の一環をになった。
→関連項目京学前田綱紀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

室鳩巣 むろ-きゅうそう

1658-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
明暦4年2月26日生まれ。室玄樸の子。加賀金沢藩につかえ,木下順庵に朱子学をまなぶ。正徳元年(1711)新井白石におされて幕府につかえ,のち徳川吉宗の侍講となった。享保(きょうほう)19年8月14日死去。77歳。江戸出身。名は直清。字(あざな)は師礼,汝玉。通称は新助。別号に滄浪。著作に「赤穂義人録」「献可録」「駿台(すんだい)雑話」など。
【格言など】道理にて極めたる事は,たとえちがいても後悔なかるべし(「駿台雑話」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

室鳩巣

1658〜1734(万治元年〜享保19年)【儒者】新井白石と並ぶ、木下門下の俊才。 吉宗の享保の改革を補佐。江戸生まれ。朱子学派の儒者。15歳で加賀藩に出仕し、京都で木下順庵に師事。同門新井白石の推挙で幕府儒官となり、合理的な人材登用を可能にした足高の制を設けるなど、享保の改革を補佐した。のちには将軍吉宗と家重二代の侍講となる。赤穂事件の折には『義人録』を著し、主従の義を重んじる立場で浪士を讃えた。新井白石、室鳩巣らの登場で朱子学は、林家から木下順庵門下にその中心を移した。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むろきゅうそう【室鳩巣】

1658‐1734(万治1‐享保19)
江戸中期の儒者。朱子学派。名は直清,字は師礼,通称は新助。鳩巣のほか滄浪,英賀とも号した。江戸郊外の医者の子。15歳のとき加賀藩に出仕し,藩命で京都に遊学,木下順庵の門に入る。〈木門五子〉の一人に数えられる。1711年(正徳1)同門の新井白石の推挙で幕府の儒官となり,〈正徳の治〉に参画した白石にしばしば苦言を寄せた。ついで8代将軍徳川吉宗の侍講となり,吉宗が設けた木門中心の学館高倉屋敷での講義や,寺子屋に配付した《六諭衍義(りくゆえんぎ)大意》(1722)の著作に当たった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むろきゅうそう【室鳩巣】

1658~1734) 江戸中期の儒学者。江戸の人。名は直清。加賀藩に仕え、藩命により木下順庵に朱子学を学ぶ。のち、新井白石の推挙により幕府の儒官となり、将軍吉宗の侍講。著「六諭衍義大意りくゆえんぎたいい」「赤穂義人録」「駿台雑話」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室鳩巣
むろきゅうそう

[生]明暦4(1658).2.26. 江戸
[没]享保19(1734).8.12. 江戸
江戸時代中期の朱子学派の儒学者。名は直清,字は師礼,汝玉,通称は新助。父玄樸は医者。 14歳のとき加賀藩に仕え,藩主前田綱紀の命により京都の木下順庵の門に入り,朱子学を学んだが,当時隆盛をきわめていた山崎闇斎の門下とも交わり,特に羽黒養潜と親交があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室鳩巣
むろきゅうそう
(1658―1734)

江戸中期の儒者。名は直清、字(あざな)は師礼、通称新助。鳩巣、滄浪(そうろう)と号した。備中(びっちゅう)英賀(あが)郡(岡山県上房(じょうぼう)郡)出身の医師玄樸(げんぼく)(1616―1684)の子として、明暦(めいれき)4年2月26日、江戸・谷中(やなか)(東京都台東(たいとう)区)で生まれる。幼年より書籍に親しみ、1672年(寛文12)加賀藩主前田綱紀(まえだつなのり)に仕えて、その命により京都の木下順庵(きのしたじゅんあん)に就いて学んだ。1686年(貞享3)加賀(金沢市)に赴任し、廃屋を買って住居としてから、鳩巣の号を用いるようになった。この間、山崎闇斎(やまざきあんさい)門下の羽黒養潜(はぐろようせん)(1629―1702)と往来して学問を深めたが、朱子学者としての定見をもったのは40歳近くになってからという。1711年(正徳1)同門の新井白石(あらいはくせき)の推挙で幕府儒官に転じ、江戸・駿河台(するがだい)に住んで、白石失脚後も将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)の信任を得て、1722年(享保7)侍講(じこう)となり、しばしば諮問を受け、幕政にも関与した。1725年には西丸(にしのまる)奥儒者となり、享保(きょうほう)19年8月12日に77歳で没するまで、その地位にあった。
 陽明学や仁斎(じんさい)学、徂徠(そらい)学の流行時に、朱子学を墨守して普及に努めたが、晩年にはわが心をよりどころにして近世的な自我意識や、君臣、君民間の契約を論じて、単に封建的なイデオローグとしてかたづけられない可能性を示した。著書に『赤穂(あこう)義人録』(1703序)『六諭衍義(りくゆえんぎ)大意』(1722)『駿台雑話(すんだいざつわ)』『不亡鈔(しょう)』『明君家訓』(1692成立か)『鳩巣文集』(1763)など多数がある。[高橋博巳]
『『日本思想大系34 貝原益軒・室鳩巣』(1970・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の室鳩巣の言及

【赤穂浪士】より

… 赤穂浪士は死後,〈義人〉〈義士〉としてたたえられた。なかでもその年の秋に室鳩巣(きゆうそう)が著した《赤穂義人録》が有名である。彼らが亡君の仇讐(きゆうしゆう)を報じた,または亡君の遺志を継いで吉良を殺したことが家臣・武士としての〈義〉に当たると考えられたからであり,全員が刑に服したことも世の同情を集めた。…

【兼山秘策】より

…金沢の儒者青地兼山,麗沢兄弟がその師室鳩巣から寄せられた書簡を編んだもので《兼山麗沢秘策》として世上に流布した。1711‐31年(正徳1‐享保16)の書簡を収める。…

【不亡鈔】より

…朱子学者室鳩巣の作とされる随想録。4巻。…

※「室鳩巣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

室鳩巣の関連情報