コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内モンゴル(蒙古)高原 うちモンゴルこうげんNei Mongol gaoyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内モンゴル(蒙古)高原
うちモンゴルこうげん
Nei Mongol gaoyuan

モンゴル高原の中国領部分の呼称。東をターシンアンリン (大興安嶺) 山脈,南を万里の長城とインシャン (陰山) 山脈,チーリエン (祁連) 山脈に限られ,内モンゴル自治区に属する。平均標高は 1000mで,ゆるやかに起伏し,小高い丘と浅い盆地が入り交っており,内陸河川と湖が点在。大陸性気候で冬季の寒さはきびしい。年降水量は 50~200mmで,北東に進むにつれて多くなる。北東部のシリンゴル (錫林郭勒) 盟やフルンボイル (呼倫貝爾) 盟は牧草がよく繁茂して,ウマ,ウシなど大型家畜の牧畜地域となっている。西部から中部では,ヒツジ,ヤギの放牧を主とし,ラクダもみられる。モンゴルとの境はゴビ (礫質砂漠) が広がり,西部のアルシャ (阿拉善) 高原は砂質砂漠が大部分を占める。「緑の長城」と呼ばれる防砂林の造成が高原の南縁で進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

内モンゴル(蒙古)高原の関連キーワードターシンアンリン(大興安嶺)山脈チャンチヤコウ(張家口)特別市チャンチヤコウ(張家口)地区ホーランシャン(賀蘭山)山脈チャオヤン(朝陽)特別市イエンシャン(燕山)山脈アルシャ(阿拉善)高原チョントー(承徳)地区シーアン(西安)特別市リヤオシー(遼西)回廊ホワントー(黄土)高原ホンシャン(恒山)山脈ペキン(北京)直轄市リヤオニン(遼寧)省リンフェン(臨汾)市カンスー(甘粛)省ソイトー(綏徳)県ホーペイ(河北)省パーター(八達)嶺ロワン(灤)河

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android