コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内陸河川 ナイリクカセン

3件 の用語解説(内陸河川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ないりく‐かせん【内陸河川】

内陸にあって、海に注がない川。多くは内陸湖に注ぎ、乾燥地帯では末無し川となるものもある。ボルガ川タリム川など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ないりくかせん【内陸河川】

内陸にあって、その河口が海洋に開いていない川。ボルガ川・タリム川・シルダリア・アムダリアなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内陸河川
ないりくかせん
endoreic riverendorheic river

大陸の内部にあって外洋への流出口をもたずに内陸の盆地や湖に注ぐ川。砂漠のような乾燥地域では激しい蒸発と浸透により、流路が途中で消失して末無(すえなし)川となることもある。ワジwadiやアロヨarroyoはその例である。内陸河川の流域を内陸流域または内部流域という。普通、内陸砂漠の大部分は内陸流域に属する。湿潤地域では地殻変動によって盆地が形成されても、盆地の形成される以前からあった流路は先行河川となって周囲の地形的障壁を破って外海と通じることが可能であるが、乾燥地域では降水量が乏しいために、盆地が形成されると、以前の流路を維持して先行谷をつくるほど十分な流量がないので内陸河川になる。内陸河川の流入する湖は季節的な湖面積の変動が大きく、アフリカのチャド湖は雨期には約10万4000平方キロメートルもあるが、乾期には流入水がほとんどなくなるので約1万6000平方キロメートルに減少する。湖面積の小さな湖では蒸発によって湖水が消失することもある。日本には大規模な内陸河川はないが、オーストラリアでは、エア湖に流入する多くの河川のように、一時河川であっても乾燥のため流路が断たれている川のなかで、長さ1000キロメートルを超すものがある。カルスト地域、氷食地域でも内陸河川を生ずる。山茂美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内陸河川の関連キーワード海岸植物内陸湖内陸国曲がない大物浦内陸内陸運河二重内陸国ブアケ内陸性

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone