内国税(読み)ないこくぜい

精選版 日本国語大辞典「内国税」の解説

ないこく‐ぜい【内国税】

〘名〙 国内の人または物に課せられる国税。国税のうち、関税・トン税・特別トン税を除いたものの総称。
※条約改正論(1890)〈馬場辰猪原著・山本忠礼・明石兵太合訳〉「我日本人が外品を運搬するに就ても決して内国税を賦課せざるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内国税の言及

【税務署】より

…大蔵省の外局である国税庁は,内国税(国税のうち,関税,とん税,特別とん税を除いたもの)の賦課徴収の事務を行うが,その出先機関として全国に11局の国税局(および沖縄国税事務所)がある。税務署は,この国税局の所掌事務を分掌するもので,全国に約500設けられている。…

※「内国税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android