コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とん税 とんぜい tonnage due

3件 の用語解説(とん税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とん税
とんぜい
tonnage due

とん税法 (昭和 32年法律 37号) に基づき,開港に入港した外国貿易船舶に対し,その船舶の純トン数課税標準として課する国税。海難その他やむをえない事故で入港した船舶に対しては課税されない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

とん税

外国の貿易船が日本の開港に入港した際に、その外国貿易船の純とん数を課税標準とし、その外国貿易船の船長を原則の納税義務者として課される租税です。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とん税
とんぜい

とん税法(昭和32年法律37号)に基づいて外国貿易船の開港への入港に対して課される国税で、流通税の一種である。納税義務者は、原則として外国貿易船の船長である。課税標準は純トン数であり、税率は入港ごとに1トン当りいくらという形で規定されている。ただし、1トン当り一定額を一度に納付すれば、その港においては1年間とん税を収めることを要しない。なお、海難その他やむをえない事故のため入港した船舶に対しては課されない。
 とん税の沿革は古く、1857年(安政4)に調印されたオランダやプロシアとの追加条約において徴収されることになった船税にまでさかのぼり、翌58年のアメリカ、オランダ、イギリス、フランスとの修好通商条約の貿易規定に基づく入出手数料制度、1890年(明治23)に施行された税関法による入港手数料および出港手数料制度を経て、99年には噸税(とんぜい)法が制定され、内外船に対して入港船舶の登録トン数1トン当りあるいは積み荷10石当り一定額が徴収されることになった。1957年(昭和32)には噸税法の全面的改正が行われてとん税法となり、さらに同年には特別とん税法も制定され、とん税は特別とん税とあわせて徴収されるようになった。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のとん税の言及

【流通税】より

…この形態の税の多くは手数料から発展した。 流通税の例としては,印紙税(印紙),登録免許税,有価証券取引税,取引高税,付加価値税,とん税,特別とん税などがある。印紙税は,財産権の取得や喪失,契約の締結などに関連して発行される特定の証書や帳簿などに課される税であり,手形,有価証券,商品券などの文書に課税され,印紙,証紙の形で徴収される。…

※「とん税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

とん税の関連キーワード国税徴収法国税通則法税法トン税林野所得税法法人税法森林組合加入者面積租税法律関係特別とん税

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone