コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とん税 とんぜいtonnage due

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とん税
とんぜい
tonnage due

とん税法 (昭和 32年法律 37号) に基づき,開港に入港した外国貿易船舶に対し,その船舶の純トン数課税標準として課する国税。海難その他やむをえない事故で入港した船舶に対しては課税されない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とん税
とんぜい

とん税法(昭和32年法律37号)に基づいて外国貿易船の開港への入港に対して課される国税で、流通税の一種である。納税義務者は、原則として外国貿易船の船長である。課税標準は純トン数であり、税率は入港ごとに1トン当りいくらという形で規定されている。ただし、1トン当り一定額を一度に納付すれば、その港においては1年間とん税を収めることを要しない。なお、海難その他やむをえない事故のため入港した船舶に対しては課されない。
 とん税の沿革は古く、1857年(安政4)に調印されたオランダやプロシアとの追加条約において徴収されることになった船税にまでさかのぼり、翌58年のアメリカ、オランダ、イギリス、フランスとの修好通商条約の貿易規定に基づく入出手数料制度、1890年(明治23)に施行された税関法による入港手数料および出港手数料制度を経て、99年には噸税(とんぜい)法が制定され、内外船に対して入港船舶の登録トン数1トン当りあるいは積み荷10石当り一定額が徴収されることになった。1957年(昭和32)には噸税法の全面的改正が行われてとん税法となり、さらに同年には特別とん税法も制定され、とん税は特別とん税とあわせて徴収されるようになった。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のとん税の言及

【流通税】より

…この形態の税の多くは手数料から発展した。 流通税の例としては,印紙税(印紙),登録免許税,有価証券取引税,取引高税,付加価値税,とん税,特別とん税などがある。印紙税は,財産権の取得や喪失,契約の締結などに関連して発行される特定の証書や帳簿などに課される税であり,手形,有価証券,商品券などの文書に課税され,印紙,証紙の形で徴収される。…

※「とん税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

とん税の関連キーワード国税犯則取締法国税不服審判所地方譲与税国税徴収法国税通則法通告処分港湾料金外航船国税庁関税法税務署滞船料税関

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android