コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収得税 シュウトクゼイ

百科事典マイペディアの解説

収得税【しゅうとくぜい】

課税対象による税の分類の一つで,人が一定の収入を得ているという事実に基づいて課する税。基幹をなす所得税のほか収益税,特別所得税(超過所得税,戦時利得税など)を含む。
→関連項目財産税

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうとくぜい【収得税】

租税は経済活動のいろいろな側面に着目して課されるが,収得税は,納税者が金銭あるいは物の形で収入を得ているという事実に着目して課される税である。収得税は所得税と収益税に分けられる。所得とは個人やその他の経済主体に関して観察された収入であり,収益とは収入を生み出す特定の物体ないし生産要素に関して観察した収入である。両者は同じものを別の観点からみたものであるといえる。所得税は納税者を中心に課されるから人税とよばれ,納税者のおかれたいろいろな条件を考慮して税制を定めることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうとくぜい【収得税】

財の収得に対して課せられる租税。所得税・法人税・事業税などがこれにあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

収得税
しゅうとくぜい

個人または法人が一定期間に得る財に対する税の総称であり、所得税と収益税に分けられる。所得とは経済単位である個人や法人に着目して観察した財の取得であり、収益というのはそれを産み出す収益物体である土地、家屋、営業などの観点から観察した財の取得である。所得税は納税者を中心に課されるから人税とよばれ、収益税は収益をもたらす物体に着目して課税されるから物税といわれる。所得税の例としては、国税の所得税や法人税、地方税の住民税などがあげられ、収益税の例としては、地方税の事業税や鉱区税などがあげられる。[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の収得税の言及

【租税】より

…なお〈直間比率〉とは,全租税収入に占める直接税収入と間接税収入の割合を一般には意味する。(2)課税の対象によって分類すると,収得税,所有税(資産税),消費税の三つに分かれる。納税者が一定の収入を得ているという事実にもとづいて課税するのが収得税,一定の資産を所有しているという事実にもとづいて課税するのが資産税,特定の消費をしているという事実にもとづいて課税するのが消費税である。…

※「収得税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

収得税の関連キーワード再評価税流通税消費税内国税

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android