コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収得税 シュウトクゼイ

5件 の用語解説(収得税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうとく‐ぜい〔シウトク‐〕【収得税】

個人または法人が一定期間に得る収入に対して課される租税。所得税と収益税とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

収得税【しゅうとくぜい】

課税対象による税の分類の一つで,人が一定の収入を得ているという事実に基づいて課する税。基幹をなす所得税のほか収益税,特別所得税(超過所得税,戦時利得税など)を含む。
→関連項目財産税

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうとくぜい【収得税】

租税は経済活動のいろいろな側面に着目して課されるが,収得税は,納税者が金銭あるいは物の形で収入を得ているという事実に着目して課される税である。収得税は所得税と収益税に分けられる。所得とは個人やその他の経済主体に関して観察された収入であり,収益とは収入を生み出す特定の物体ないし生産要素に関して観察した収入である。両者は同じものを別の観点からみたものであるといえる。所得税は納税者を中心に課されるから人税とよばれ,納税者のおかれたいろいろな条件を考慮して税制を定めることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅうとくぜい【収得税】

財の収得に対して課せられる租税。所得税・法人税・事業税などがこれにあたる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

収得税
しゅうとくぜい

個人または法人が一定期間に得る財に対する税の総称であり、所得税と収益税に分けられる。所得とは経済単位である個人や法人に着目して観察した財の取得であり、収益というのはそれを産み出す収益物体である土地、家屋、営業などの観点から観察した財の取得である。所得税は納税者を中心に課されるから人税とよばれ、収益税は収益をもたらす物体に着目して課税されるから物税といわれる。所得税の例としては、国税の所得税や法人税、地方税の住民税などがあげられ、収益税の例としては、地方税の事業税や鉱区税などがあげられる。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の収得税の言及

【租税】より

…なお〈直間比率〉とは,全租税収入に占める直接税収入と間接税収入の割合を一般には意味する。(2)課税の対象によって分類すると,収得税,所有税(資産税),消費税の三つに分かれる。納税者が一定の収入を得ているという事実にもとづいて課税するのが収得税,一定の資産を所有しているという事実にもとづいて課税するのが資産税,特定の消費をしているという事実にもとづいて課税するのが消費税である。…

※「収得税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

収得税の関連キーワード七難色んな雑則諸道多角万屋貝尽し切り捲る資産価格バブル比較経済体制論

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone