内山伊吉(読み)うちやま いきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内山伊吉 うちやま-いきち

1730-1814 江戸時代中期-後期の殖産家。
享保(きょうほう)15年3月15日生まれ。筑後(ちくご)御原郡(みはらぐん)寺福童(てらふくどう)村(福岡県小郡(おごおり)市)の農民。天明年間に実から上質の蝋(ろう)がおおくとれるハゼノキの優良品種を作出する。それは伊吉櫨(はぜ)とよばれ,各地で栽培されるようになった。文化11年8月4日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android