コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山彦次郎 うちやま ひこじろう

2件 の用語解説(内山彦次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内山彦次郎 うちやま-ひこじろう

1797-1864 幕末の武士。
寛政9年生まれ。大坂西町奉行所の与力。財政,経済に精通し,物価引き下げや融通貸付会所の設置などを幕府に献策。大坂町人からの御用金調達の任などにもあたった。元治(げんじ)元年5月20日天満橋上で新選組の沖田総司らに殺された。68歳。大坂出身。名は之昌。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

内山彦次郎

没年:元治1.5.20(1864.6.23)
生年:生年不詳
幕末の大坂西町奉行与力。天保改革のとき,大坂町奉行阿部正蔵に命じられて諸色取締方を調査する。阿部は株仲間解散に反対したが,この調査はその根拠になったものと思われる。そのなかで諸藩専売の禁止,物資の値待〆売(物質を買い占め,値上りを待って高値で売ること)禁止の諸策は実行に移された。大塩平八郎の建議書では西町奉行所与力非法の筆頭に挙げ,極悪非道の盗賊と結託したと,内山を激しく糾弾している。内山も大塩の捕縛の際に殺してしまうことを強く主張し,生け捕りとなって証言されるのを恐れている。安政5(1858)年の箱館産物会所の掛就任,文久1(1861)年の融通貸付会所の設立建議,御用金の調達など理財に敏腕を発揮したが,天満橋の上で新選組に暗殺された。

(針谷武志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

内山彦次郎の関連キーワード元治蔀関月竹本大隅太夫後藤松陰竹本大隅太夫アフリカ探検科学史ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone