内川聖一(読み)うちかわ せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内川聖一 うちかわ-せいいち

1982- 平成時代のプロ野球選手。
昭和57年8月4日生まれ。内野手外野手,右投げ右打ち。平成13年横浜ベイスターズに入団(ドラフト1位)。20年セ・リーグ右打者の史上最高打率3割7分8厘をマークして首位打者となり,最多安打(189),最高出塁率(4割1分6厘)も獲得。21年WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表。22年FA(フリーエージェント)宣言して福岡ソフトバンクホークスに入団。23年3割3分8厘で首位打者となり,セ・パ両リーグでの首位打者となる。大分県出身。大分工高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内川聖一の関連情報