コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海左太夫 うつみ さだゆう

1件 の用語解説(内海左太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海左太夫 うつみ-さだゆう

1795-1869 江戸時代後期の治水家。
寛政7年生まれ。播磨(はりま)八重畑村(兵庫県姫路市)の庄屋。文政12年同村内で溜池の開削をはじめ,大蔵谷池の失敗にもくじけず,15年後の天保(てんぽう)15年古戸池を完成。また花田井堰をきずき,猿掛池を改修。その功により名字帯刀をゆるされた。明治2年死去。75歳。名は茂義。号は鯉友。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

内海左太夫の関連キーワード有馬胤滋井関性栄今城宇兵衛加古川善五郎川岸甚左衛門川口広蔵黒木七左衛門五島五郎右衛門津田半蔵信岡平六

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone