コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田忠光 うちだ ただみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田忠光 うちだ-ただみつ

1870-1922 明治-大正時代の実業家。
明治3年生まれ。内田良平の兄。平岡浩太郎の甥(おい)。叔父の経営する赤池炭鉱に入社しのち経営に参加。日露戦争後,良平らの国家主義運動支援の資金獲得のため北韓漁業などをおこしたが失敗。大正11年12月死去。53歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内田忠光の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android