コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田忠光 うちだ ただみつ

1件 の用語解説(内田忠光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田忠光 うちだ-ただみつ

1870-1922 明治-大正時代の実業家。
明治3年生まれ。内田良平の兄。平岡浩太郎の甥(おい)。叔父の経営する赤池炭鉱に入社しのち経営に参加。日露戦争後,良平らの国家主義運動支援の資金獲得のため北韓漁業などをおこしたが失敗。大正11年12月死去。53歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内田忠光の関連キーワードブラジル文学製糸業日本科学史女性参政権宮嶋資夫宗谷本線日本共産党奈破崙開拓使コッペリア

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone