コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田正信 うちだ まさのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田正信 うちだ-まさのぶ

1613-1651 江戸時代前期の大名。
慶長18年生まれ。寛永7年将軍徳川家光の近侍となる。16年小姓組番頭(ばんがしら)。慶安2年下野(しもつけ)(栃木県)鹿沼(かぬま)藩主内田家初代となり,1万5000石をあたえられた。4年4月20日家光死去のとき殉死した。39歳。通称は権九郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の内田正信の言及

【内田氏】より

…近世大名。遠江国勝間田郷に住し内田郷を領するという。もと今川氏につかえ,のち徳川家康に属する。1639年(寛永16)正信のとき1万石となる。のち5000石加増され,下野鹿沼に陣屋をおく。51年(慶安4),正信は家光に殉死。99年(元禄12)2000石分知。1724年(享保9)正偏(まさゆき)のとき,3000石減封されて1万石となる。陣屋を下総小見川に移し,以後幕末に至る。維新後は子爵。【大森 映子】…

※「内田正信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内田正信の関連キーワード内田正良内田正衆小見川藩鹿沼藩大名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android