コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤政韶 ないとう まさつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤政韶 ないとう-まさつぐ

1776-1802 江戸時代後期の大名。
安永5年2月3日生まれ。内藤政陽(まさあき)の子。内藤政脩(まさのぶ)の養子となり,寛政2年日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩主内藤家4代。植物方をもうけて杉などを植林し,用水路をひらいて土地開発をすすめた。また古墳発掘をおこない,「集古採覧」などに記録した。享和2年7月30日死去。27歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤政韶の関連キーワードアメリカ史上田秋成ゴローニングアテマラ青山延于青山延于志筑忠雄吉田一保ペイン末摘花

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone