コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地開発 とちかいはつland development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地開発
とちかいはつ
land development

山林地帯,山岳の中腹,海岸など,そのままでは工業地,農地,宅地としては不適格な土地を,大規模に,計画的に適格地として開発すること。具体的には,(1) 中核的工業団地開発 (工業再配置政策の一環として,地域開発の中核となりうる工業団地を造成) ,(2) 農業総合開発 (未墾地などの土地資源の有効利用をはかり合理的な酪農経営などを実現) ,(3) 農地造成 (畑地,水田の整備,改良により水準の高い農家を育成) ,(4) 大規模ニュータウン (都市近郊に大量の宅地を供給するとともに環境良好な住宅都市を建設) などがある。例としては,(1) 米沢八幡原,佐賀東部,(2) 北上山系,(3) 広島中部台地,(4) 多摩 (東京) ,千里 (大阪) ,高蔵寺 (愛知) ,千葉などがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

土地開発の関連キーワード奈良県生駒市の山林先行取得をめぐる背任事件名古屋市によるささしまライブ24再開発栃木市土地開発公社の用地先行取得問題栃木市土地開発公社の工場跡地取得問題サステイナビリティー(持続可能性)市土地開発公社の工場跡地購入問題ミジケンダの聖なるカヤの森林フランス・アルベール ルネ宅地造成事業費特別会計リパブリック・スチール旧函館ドックのクレーンホワイトウォーター疑惑ユニオン・パシフィックポーレー エドウィン公社経営健全化団体名古屋市の外郭団体オロンテス[川]青山ベルコモンズディベロッパーヨルダン地溝帯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土地開発の関連情報