コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部指向型 ないぶしこうがたinner-directed type

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部指向型
ないぶしこうがた
inner-directed type

アメリカの社会学者 D.リースマンが『孤独なる群集』 (1950) で使用した社会的性格と社会の一類型概念。過渡的人口成長期の社会に特有のもので,成員の流動性の増大,資本の急速な蓄積と拡大された社会にみられる。内部指向型の社会における個人はその性格も内部指向型で,自己に設定された生活目標への指向と,外的条件からの衝撃との間のバランスをとるための心理的メカニズムを自分で発見し適応していく。リースマンはこの心理的メカニズムを「心理的ジャイロスコープ (羅針盤) 」と呼んでいる。社会的に逸脱を防ぐ機能が働くとすれば,それは「罪」の意識に問うことである。こうした内部指向型の社会的性格は,プロテスタントの倫理をなんらかの形で社会的生活の基盤とするところに多いとされ,とりわけアメリカ社会のなかにこうした型の人間が多いとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

内部指向型の関連キーワード伝統指向型他人指向型

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android