内野台嶺(読み)うちのたいれい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内野台嶺
うちのたいれい
(1884―1953)

漢学者。神奈川県に生まれ、城田作三(しろたさくぞう)と称したが、のちに曹洞(そうとう)宗大乗寺(だいじょうじ)住職の養子となり、内野台嶺と改名した。東京高等師範学校を卒業後、同校講師、教授を経て東京文理科大学(東京高等師範学校を改組して設立。現、筑波(つくば)大学)教授を歴任。退官後、駒沢(こまざわ)大学教授、同文学部長になった。「儒教における礼の地位」「五祀考(ごしこう)」「文宗考」「袷祭考(こうさいこう)」など「礼」の研究に専念し、「儀礼注疏索引」(未刊)が畢生(ひっせい)の仕事であった。著書に『孟子(もうし)新訳』『四書通論』『四書新釈大学中庸(ちゅうよう)』『四書新釈論語』『韓非子(かんぴし)講話』などがある。[中村璋八]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うちの‐たいれい【内野台嶺】

漢学者、教育者。前名城田作三。神奈川県出身。東京高等師範学校卒。東京文理科大学教授を経て駒沢大学文学部長。主著「孟子新釈」「四書通論」。明治一七~昭和二八年(一八八四‐一九五三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android