コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三経注疏 じゅうさんけいちゅうそ Shí sān jīng zhù shū

3件 の用語解説(十三経注疏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうさんけいちゅうそ【十三経注疏 Shí sān jīng zhù shū】

中国,儒教の基本的古典である経書の注釈を集めた叢書。416巻。《周易》《尚書》《毛詩》《礼記(らいき)》《周礼(しゆらい)》《儀礼(ぎらい)》《左氏伝》《公羊(くよう)伝》《穀梁(こくりよう)伝》《論語》《孝経》《爾雅(じが)》《孟子》の十三経の注疏。前2世紀前漢武帝のとき,儒教が国教化されると,易・書・詩・礼・春秋の五経に博士官(五経博士)が置かれた。以来経書の研究解釈が盛んに行われ,ことに後漢から魏晋南北朝時代にかけて多くの注およびその注を詳しくした疏が作られ(注疏),経書解釈の多様化がもたらされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十三経注疏
じゅうさんぎょうちゅうそ

十三経」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十三経注疏
じゅうさんぎょうちゅうそ

中国の儒教教典、経書(けいしょ)13種の「注疏」集成。「注疏」とは、漢魏(かんぎ)の間に成立した「経注(けいちゅう)」と、それに施された六朝(りくちょう)・隋唐(ずいとう)期の「義疏(ぎそ)」をいう。儒家学団は、孔子(こうし)(孔丘(こうきゅう))の推重した西周(せいしゅう)以来の古籍「詩・書」を根幹に、日常実習の「礼楽」用台本(シナリオ)(『儀礼(ぎらい)』)とその解釈書(『礼記(らいき)』)を課本(テキスト)に編成しつつ、秦漢(しんかん)の交(こう)には「易(えき)」と「春秋(しゅんじゅう)」をも自家の「経(けい)」書に組み入れて、それぞれの「伝記」(解説書)とともに六経(りくけい)を構成した。前漢の武帝がその「詩・書・礼・楽・易・春秋」を六芸(りくげい)(国家学原論の聖典)として公認し、五経(ごきょう)博士を学官にたてて「経伝」を国教化するに及んで、経学(けいがく)(経典解釈学)が儒教の学術となった。『論語』と『孝経(こうきょう)』が伝記として五経を補助し七経とよばれ、『詩書』用最古の辞書『爾雅(じが)』も経伝群に付属されるのは両漢の際であろう。
 後漢では、礼学が三礼(さんらい)(『儀礼』『礼記』に『周礼(しゅらい)』が加わる)に、「春秋」が三伝(『公羊(くよう)伝』『穀梁(こくりょう)伝』に『左氏(さし)伝』が加わる)に分立して、九経(きゅうけい)とも称された。三玄(さんげん)の学が盛行した六朝期には、道家の書『老子(ろうし)』『荘子(そうじ)』が経書視されて、14種の経典を総合した音義(おんぎ)(字音標示と字義注釈)集成『経典釈文(しゃくもん)』30巻が隋(ずい)代に完成した。
 唐初、科挙(官吏登用試験)制に対応して「義疏」である経注への諸解釈・音義類、つまり膨大な経書の疏解(コンメンタール)を、孔穎達(くようだつ)らが勅撰(ちょくせん)の公認解釈集『五経正義(せいぎ)』に改編し制定した。『周易(しゅうえき)正義』14巻(魏の王弼(おうひつ)注、晋(しん)の韓康伯(かんこうはく)注)、『尚書(しょうしょ)正義』20巻(漢の孔安国(こうあんこく)伝)、『毛詩(もうし)正義』70巻(漢の毛亨(もうこう)伝・鄭玄箋(じょうげんせん))、『礼記正義』70巻(漢の鄭玄注)、『春秋正義〔左氏伝〕』36巻(晋(しん)の杜預集解(どよしっかい))である。同じく賈公彦(かこうげん)が『周礼疏』50巻(漢の鄭玄注)、『儀礼疏』50巻(漢の鄭玄注)に編定。唐末には、徐彦(じょげん)の『春秋公羊伝疏』28巻(漢の何休解詁(かきゅうかいこ))、楊士(ようしくん)の『春秋穀梁伝疏』12巻(晋の范寧(はんねい)集解)が伝わり、北宋(ほくそう)の咸平(かんぺい)3年(1000)、(けいへい)らが『孝経正義』3巻(唐の玄宗御注(ぎょちゅう))、『論語注疏』10巻(魏の何晏(かあん)集解)、『爾雅疏』10巻(晋の郭璞(かくはく)注)を撰した。また「老荘」にかわって尊崇されだした儒家の書『孟子(もうじ)』に孫(そんせき)は『孟子正義』14巻(漢の趙岐(ちょうぎ)注)を撰して経書に加えられ、漢唐「古注」系の訓詁(くんこ)「注疏」が総合された。
 初め「経注」本と別行して単独の「単疏」本の体裁をとったが、南宋十行(じゅうぎょう)本の刊刻以後、経注に義疏も釈文も分配されて合刻した書本、正徳(しょうとく)本、(びん)本などが通行し、現在は清(しん)の阮元(げんげん)らの『校勘(こうかん)記』を付した全集が使用されている。[戸川芳郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十三経注疏の関連キーワード石経皇侃源氏釈厚顔抄伝疏校注自注注疏鄭注通志堂経解

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone