円グラフ(読み)えんぐらふ

大辞林 第三版の解説

えんグラフ【円グラフ】

円を半径によって分割し、その面積によって全体に対する各部分の内訳を表すようにした図表。扇形グラフ。パイグラフ。
数量の大小を比較するのに、大小種々の円で表したグラフ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の円グラフの言及

【統計グラフ】より

…定まった順序がなければ大きいものから順に配列するが,“その他”という項があれば最後におく。
[円グラフと帯グラフ]
 質的分類にも,量的分類にも用いられ,構成内容の比率(全体を100%として)を比較する。円グラフ(図3)では,中心を通る真上の垂直半径を出発点とし,時計の針の回る方向に回るのがふつうで,定まった順序がないときは大きい%のものから順に並べ,“その他”の項があれば最後におく。…

※「円グラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円グラフの関連情報