コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円乗坊宗円 えんじょうぼう そうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円乗坊宗円 えんじょうぼう-そうえん

?-? 織豊時代の茶人。
古市宗庵の養父。もと京都本能寺円乗坊の僧。千利休にまなび,還俗(げんぞく)してその娘と結婚,茶の奥義をつたえられたという。天正(てんしょう)10年(1582)の本能寺の変直後の焼け跡からひろいあげた名物茶入の円乗坊肩衝(かたつき)や圜悟(えんご)墨跡を所持したことで知られる。俗姓古市別号に利斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android