コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圜悟 えんご Yuán wù

1件 の用語解説(圜悟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えんご【圜悟 Yuán wù】

1063‐1135
中国,宋代の禅僧。四川の人。姓は駱,名は克勤(こくごん),字は無著,仏杲(ぶつこう)禅師とよばれる。圜悟は,生前に高宗が贈った勅賜号である。湖北の五祖法演に臨済宗楊岐派の禅をついで,東京(とうけい)(開封),南京,江西の各地で活躍。張商英,張浚その他の高級官僚の帰依をうける。湖南の夾山霊泉院その他で,雪竇重顕(せつちようちようけん)の〈頌古百則〉を講じ,弟子たちが記録編集したものが,のちに《碧巌録》の名で刊行され,禅文学の古典となり,また日本では流れ圜悟,金渡しの墨跡など,書の作家としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

圜悟の関連キーワード慧可圜悟克勤南岳懐譲馬祖道一普化暗証の禅師雲門四川無業和尚中国・宋代の禅の公案集

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

圜悟の関連情報