コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圜悟 えんごYuán wù

世界大百科事典 第2版の解説

えんご【圜悟 Yuán wù】

1063‐1135
中国,宋代の禅僧。四川の人。姓は駱,名は克勤(こくごん),字は無著,仏杲(ぶつこう)禅師とよばれる。圜悟は,生前に高宗が贈った勅賜号である。湖北の五祖法演に臨済宗楊岐派の禅をついで,東京(とうけい)(開封),南京,江西の各地で活躍。張商英,張浚その他の高級官僚の帰依をうける。湖南の夾山霊泉院その他で,雪竇重顕(せつちようちようけん)の〈頌古百則〉を講じ,弟子たちが記録編集したものが,のちに《碧巌録》の名で刊行され,禅文学の古典となり,また日本では流れ圜悟,金渡しの墨跡など,書の作家としても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

圜悟の関連キーワード円乗坊宗円雪竇重顕村田宗珠村田珠光圜悟克勤大慧宗杲掛物公案道証

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圜悟の関連情報