古市(読み)ふるいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古市
ふるいち

三重県志摩半島,伊勢市の伊勢神宮外宮と内宮の間,間 (あい) の山と呼ばれる台地上にある地区。伊勢神宮の参宮路の途上に位置し,参宮者相手の歓楽地として栄えた。特に精進落し遊郭があったところとして知られ,歌舞伎『伊勢音頭恋寝刃』の舞台となった油屋などがあった。地名はそれ以前に市の開設地であったことに由来。第2次世界大戦による戦災後は,自動車交通の発達により参内ルートからはずれ住宅地化した。

古市
ふるいち

大阪府羽曳野市中心地。旧町名。大和川の支流石川の河岸段丘上,古道竹ノ内街道と東高野街道の会合点に位置。古来交通の要地で,市場町として発達。現在も近畿日本鉄道南大阪線と同長野線の分岐点で,商業の一中心地。付近には応神天皇陵はじめ多くの古墳がある。

古市
ふるいち

山口県北西部,長門市北西部,旧日置町の中心集落。掛淵川流域の小さな平野にあり,北浦街道 (国道 191号線) が通る。米の集散地として発達し,日本海に臨む北浦地域の商業中心地の一つ。 JR山陰本線長門古市駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古市【ふるいち】

河内(かわち)国の郡名・郷名で,現在の大阪府羽曳野(はびきの)市に遺称地がある。古市は和泉(いずみ)国の百舌鳥(もず)野と並んで5世紀代の巨大古墳が集中的に造営された地域で,墳丘全長415mの誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(応神天皇陵に治定)を含む古市古墳群など多数がある。《日本書紀》景行40年是歳条に伊勢の能褒(のぼ)野で死んだ日本武尊(やまとたけるのみこと)の霊が白鳥となって〈旧市邑(ふるいちむら)〉に飛来したため,この地に陵を造ったとある。同書安閑2年12月条では安閑天皇を〈旧市高屋丘陵(ふるいちたかやのおかりょう)〉に葬ったとし,《延喜式》では安閑天皇陵を〈古市高尾丘陵〉と記している。また《日本書紀》欽明32年5月条には,欽明天皇の死に際して,その喪葬儀礼である(もがり)を河内の古市で行ったとある。古市古墳群所在地から4世紀末―5世紀初頭に築造されたとみられる〈古市大溝〉の痕跡が発見されており,《日本書紀》仁徳14年是歳条に〈大溝を感玖(こむく)に掘る〉とある〈大溝〉との関係が推定されている。
→関連項目高屋城

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古市の関連情報