古市(読み)ふるいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重県志摩半島,伊勢市の伊勢神宮外宮と内宮の間,間 (あい) の山と呼ばれる台地上にある地区。伊勢神宮の参宮路の途上に位置し,参宮者相手の歓楽地として栄えた。特に精進落しの遊郭があったところとして知られ,歌舞伎伊勢音頭恋寝刃』の舞台となった油屋などがあった。地名はそれ以前に市の開設地であったことに由来。第2次世界大戦による戦災後は,自動車交通の発達により参内ルートからはずれ住宅地化した。
大阪府南東部,羽曳野市中央北部に位置する旧町域。大和川の支流石川の河岸段丘上にある。1889年村制。1916年町制。1956年高鷲町,埴生村,西浦村,駒ヶ谷村,丹比村(たんぴむら)と合体して南大阪町となり,1959年市制施行に伴い羽曳野市となった。古来竹ノ内街道と東高野街道(→高野街道)の会合点にある交通の要地で,市場町として発達。今日も近畿日本鉄道南大阪線と同長野線の分岐点をなし,商業の中心地。北部の藤井寺市にまたがる一帯応神天皇陵誉田御廟山古墳)はじめ数多くの古墳が点在する古市古墳群を形成し,2019年堺市の百舌鳥古墳群(→百舌鳥)とともに世界遺産の文化遺産に登録。
山口県北西部,長門市北西部,旧日置町の中心集落。掛淵川流域の小さな平野にあり,北浦街道 (国道 191号線) が通る。米の集散地として発達し,日本海に臨む北浦地域の商業中心地の一つ。 JR山陰本線長門古市駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

河内(かわち)国の郡名・郷名で,現在の大阪府羽曳野(はびきの)市に遺称地がある。古市は和泉(いずみ)国の百舌鳥(もず)野と並んで5世紀代の巨大古墳が集中的に造営された地域で,墳丘全長415mの誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(応神天皇陵に治定)を含む古市古墳群など多数がある。《日本書紀》景行40年是歳条に伊勢の能褒(のぼ)野で死んだ日本武尊(やまとたけるのみこと)の霊が白鳥となって〈旧市邑(ふるいちむら)〉に飛来したため,この地に陵を造ったとある。同書安閑2年12月条では安閑天皇を〈旧市高屋丘陵(ふるいちたかやのおかりょう)〉に葬ったとし,《延喜式》では安閑天皇陵を〈古市高尾丘陵〉と記している。また《日本書紀》欽明32年5月条には,欽明天皇の死に際して,その喪葬儀礼である(もがり)を河内の古市で行ったとある。古市古墳群所在地から4世紀末―5世紀初頭に築造されたとみられる〈古市大溝〉の痕跡が発見されており,《日本書紀》仁徳14年是歳条に〈大溝を感玖(こむく)に掘る〉とある〈大溝〉との関係が推定されている。
→関連項目高屋城

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 奈良市の地名。旧添上郡東市村古市。
※浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)四「なじみは日かずふるいちの里を南によこおれて」
[二] 兵庫県篠山(ささやま)市の地名。旧古市村。江戸時代、摂津路にある宿場町・市場町として栄えた。
[三] 三重県伊勢市の地名。江戸時代は伊勢神宮の外宮から内宮に至る間の山の旧道沿いの集落で、二見・朝熊(あさま)方面に至る道との分岐点にもあたり、旅籠(はたご)や妓楼が軒を並べていた。歌舞伎「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」の舞台。
※浮世草子・好色一代女(1686)六「神風や伊勢の古市(フルイチ)中の地蔵といふ所の遊山宿に身をなして」
[四] 大阪府羽曳野市の地名。旧南河内郡古市町。飛鳥への古道竹ノ内街道と高野山に通ずる東高野街道の会合する古来の交通の要地。
[五] (古くは「ふるち」) 大阪府の南東部にあった郡。明治二九年(一八九六)南河内郡に統合され消滅。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古市の関連情報