コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円胤 えんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円胤 えんいん

1407-1448* 室町時代,後村上天皇の孫。
応永14年生まれ。28年近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城寺(おんじょうじ)円満院出家。30年一身阿闍梨(あじゃり)となり,のち大僧正。文安元年還俗(げんぞく)して南朝再興をめざし,紀伊(きい)北山(和歌山県)で挙兵。幕府方の畠山持国軍とたたかい,文安4年12月22日敗死した。41歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円胤の関連キーワード後村上天皇室町時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android