コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄧茂七の乱 とうもしちのらん

3件 の用語解説(鄧茂七の乱の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

とうもしちのらん【鄧茂七の乱】

中国、明代福建で鄧茂七を指導者に起こった農民反乱。1448年一〇万の小作人が、小作料・徭役ようえきの減免を要求して蜂起した。宗教的色彩のない純然たる農民運動の先駆。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうもしちのらん【鄧茂七の乱】

中国の明代,1448年(正統13)から翌年にかけて約1年間,福建省沙県を中心に展開された農民反乱で,鄧茂七はその首謀者であった。当時,貨幣銀経済の浸透する中で,租税は銀納化されつつあり,木綿,甘藷,甘蔗などの商品作物生産が漸増しつつあった。不在地主による大土地所有も進み,佃戸(小作人)は高額地代を支払うほか,冬牲という副租(鶏や鴨などの貢物)を納め,また高利貸的収奪に甘んじ,そのうえ元来地主が支払うべき租税・徭役の一部までを肩代りさせられつつあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茂七の乱
とうもしちのらん

中国、明(みん)代の1448年から49年にかけて、福建省を中心に起こった農民反乱。その指導者が茂七であったのでこの名がある。福建は大部分が山地であるが、気候が温暖なので、狭小の平野部では唐末(10世紀)以来、中原(ちゅうげん)からの移住者が増加し、農業が発達した。明代になると、租税の銀納化が進む一方、農民もサトウキビ、茶、藍(あい)、茘枝(れいし)、紙、葛布(くずぬの)などの商品作物を栽培し、商品生産を展開した。そのため商人層による農民支配がいっそう強まり、彼らによって佃戸(でんこ)(小作)制に基づく大土地所有が発達した。彼らの多くは不在地主であり、佃戸は高い小作料を自ら地主のもとへ運ぶほか、冬牲(とうせい)という副租(ふくそ)(薪(しん)、米(べい)、鶏(けい)、鴨(おう)など)を納め、さらに不在地主が納めるべき租税、徭役(ようえき)の一部をも負担した。一方、彼らは治安対策上、総小甲(そうしょうこう)制という自警団に組織されていたが、茂七はその組織の総甲として衆望を集めており、佃戸の要望を代表して冬牲の廃止を主張してそれを実現させた。さらに小作料を地主側からとりにくるよう要求したが、1448年、地主側は官憲と結んで武力でこの要求を抑えようとしたため、茂七は自ら「(さんぺい)王」と称し、当時銀山開発をめぐって明朝の国家統制に反抗していた鉱山労働者の武装集団とも連絡をとって反乱を起こした。この反乱は中国史上初めて佃戸層が主導権を握り、農民的要求を掲げて戦った闘争で、後の抗租運動の歴史的先駆として高く評価されている。[谷口規矩雄]
『岩見宏・谷口規矩雄著『新書東洋史4 伝統中国の完成』(講談社現代新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄧茂七の乱の関連キーワード張益于謙大統暦兀良哈抽分喀爾喀麻沙本明楽過税派遣村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone