コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再保険プール サイホケンプール

デジタル大辞泉の解説

さいほけん‐プール【再保険プール】

多数の保険会社がそれぞれ引き受けた保険契約の全部または一部をプールしておき、それを個々の加盟会社の引き受け能力や実績などを考慮して再配分し、共同で再保険を引き受ける方式。→再保険専門会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

再保険プール

多数の保険会社が各自の引受けた保険契約の全部または一部をプールし、それを個々の加盟会社の引受能力、実績等を考慮して、あらかじめ定められた配分割合により加盟会社へ再配分する仕組みをさします。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

世界大百科事典内の再保険プールの言及

【航空保険】より

…航空保険は,例えばジャンボ機であれば高額の機体が数百人もの乗客を乗せて大都市の上空を飛行するなど,リスクが巨大になる。したがってリスク分散と平均化を図る必要が大きく,各国とも再保険プール等を形成して引受けを行っている。さらに海外再保険に依存せざるをえず,プールでの保有を超えるものについては各国プール間で再保険交換が行われるなど,航空保険の経営は国際的なものになっている。…

※「再保険プール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

再保険プールの関連キーワード自動車損害賠償責任保険プール保険プール航空保険

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android