再割引適格手形(読み)さいわりびきてきかくてがた

百科事典マイペディア「再割引適格手形」の解説

再割引適格手形【さいわりびきてきかくてがた】

日本銀行が取引先の金融機関の保有する手形再割引する際に,あらかじめ再割引の対象として認めた手形の総称。以前は期限3ヵ月以内の商業手形,再割引適格輸出貿易手形がこれに指定されていたが,1972年以降商業手形のみが指定されている。金利の上で最も優遇される。→担保適格手形
→関連項目適格手形割引手形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「再割引適格手形」の解説

さいわりびきてきかく‐てがた【再割引適格手形】

日本銀行が金融の関係上、再割引の対象として認めた手形。商業手形、再割適格輸出貿易手形がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android