コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再生可能エネルギー特別措置法 サイセイカノウエネルギートクベツソチホウ

デジタル大辞泉の解説

さいせいかのうエネルギー‐とくべつそちほう〔‐トクベツソチハフ〕【再生可能エネルギー特別措置法】

《「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の通称》再生可能エネルギーからつくった電気を国が定めた単価で一定期間電力会社が買い取ることを義務づける法律。再生可能エネルギーによる発電ビジネスの推進・拡大が目的。買い取りにかかる費用は国民が電気使用量に応じて負担する。平成23年(2011)8月成立。同24年(2012)7月施行。→固定価格買い取り制度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再生可能エネルギー特別措置法

太陽光、風力バイオマス地熱、中小水力(3万キロワット未満)による電気を一定期間、固定価格で買い取るよう電力会社に義務付ける制度。新規参入を増やし、国内総発電量の1%にとどまる再生エネルギーの導入促進につなげる。一方で買い取り費用は電力会社の電気料金に転嫁され、消費者の負担増を招く側面もある。買い取り価格も未定だ。

(2011-12-06 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

再生可能エネルギー特別措置法の関連キーワード固定価格買取り制度菅直人内閣菅直人太陽光

再生可能エネルギー特別措置法の関連情報