コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定価格買(い)取り制度 コテイカカクカイトリセイド

デジタル大辞泉の解説

こていかかくかいとり‐せいど〔コテイカカクかひとり‐〕【固定価格買(い)取り制度】

再生可能エネルギーで発電した電力を、国が定める価格で一定期間、電気事業者一般電気事業者特定電気事業者特定規模電気事業者)が買い取ることを義務づける制度。再生可能エネルギーの利用促進を目的とし、買い取りに要する費用は電気料金に上乗せされる。FIT(feed-in tariff)。→固定価格全量買い取り制度
[補説]日本では再生可能エネルギー特別措置法に基づいて平成24年(2012)7月より導入された。買い取り対象は太陽光風力地熱水力バイオマス発電の5種。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android