コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定価格買(い)取り制度 コテイカカクカイトリセイド

1件 の用語解説(固定価格買(い)取り制度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こていかかくかいとり‐せいど〔コテイカカクかひとり‐〕【固定価格買(い)取り制度】

再生可能エネルギーで発電した電力を、国が定める価格で一定期間、電気事業者一般電気事業者特定電気事業者特定規模電気事業者)が買い取ることを義務づける制度。再生可能エネルギーの利用促進を目的とし、買い取りに要する費用は電気料金に上乗せされる。FIT(feed-in tariff)。→固定価格全量買い取り制度
[補説]日本では再生可能エネルギー特別措置法に基づいて平成24年(2012)7月より導入された。買い取り対象は太陽光風力地熱水力バイオマス発電の5種。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

固定価格買(い)取り制度の関連キーワード太陽エネルギー国際再生可能エネルギー機関再生可能エネルギー特別措置法再生可能エネルギーの全量買い取り制度再生可能エネルギー特別措置法案再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度再生可能エネルギー法賦課金八丈島の再生可能エネルギー利用拡大構想再生可能エネルギー固定価格買い取り制度アジアスーパーグリッド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone