コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定価格買(い)取り制度 コテイカカクカイトリセイド

デジタル大辞泉の解説

こていかかくかいとり‐せいど〔コテイカカクかひとり‐〕【固定価格買(い)取り制度】

再生可能エネルギーで発電した電力を、国が定める価格で一定期間、電気事業者一般電気事業者特定電気事業者特定規模電気事業者)が買い取ることを義務づける制度。再生可能エネルギーの利用促進を目的とし、買い取りに要する費用は電気料金に上乗せされる。FIT(feed-in tariff)。→固定価格全量買い取り制度
[補説]日本では再生可能エネルギー特別措置法に基づいて平成24年(2012)7月より導入された。買い取り対象は太陽光風力地熱水力バイオマス発電の5種。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android