コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再議の請求 さいぎのせいきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再議の請求
さいぎのせいきゅう

普通地方公共団体の議会における条例の制定もしくは改廃,予算に関する議決について,長に異議があるときには,長は地方自治法に特別の定めがある場合を除いて,これを再度議会の議に付すことができる。再議の請求は議会から議決の送付を受けた日から 10日以内に理由を付して行われなければならない (地方自治法 176条1項) 。この権限は長の一般 (的) 拒否権とも呼ばれる。再議に付された議決と同じ議決が確定するためには出席議員の3分の2以上の多数決が要求されるため (同条2,3項) ,この権限は議会に対し強い影響力を有している。このほか違法な議決・選挙,収支に関し執行不能な議決,義務費などの削除・減額があったときは,長は再議に付さなければならないものとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android