改廃(読み)かいはい

精選版 日本国語大辞典「改廃」の解説

かい‐はい【改廃】

〘名〙 めることとやめること。改正と廃止
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉附録「多くは地震の為に崩壊した儘に放棄され、若しくは中途之を改(カイハイ)したるが為、現存するもの甚だ多からず」 〔孟子‐尽心〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「改廃」の解説

かい‐はい【改廃】

[名](スル)法律や規則などを改正したり、廃止したりすること。「法令改廃する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「改廃」の解説

【改廃】かいはい

変更と廃止。〔孟子、尽心上〕大匠は、拙工の爲に繩(じようぼく)(すみなわ)を改廢せず。(げい)(名人)は拙射の爲に其の(こくりつ)(弓の引き具合)を變へず。

字通「改」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android