写真週刊誌(読み)しゃしんしゅうかんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真週刊誌
しゃしんしゅうかんし

ニュースや世相の断片を,写真を中心に解説する週刊誌。 1981年 10月に創刊された『FOCUS』 (新潮社) が最初で,当初は新機軸の週刊誌として話題を集めたが,しだいにプライバシーを無視したのぞき写真や,スキャンダラスな記事が増えるようになった。 1984年にライバル誌『フライデー』 (講談社) が創刊されると,両者の間でますますこの傾向が強まり,世間の批判も高まった。しかし,売れ行きが好調なことから,『エンマ』 (文藝春秋) ,『タッチ』 (小学館) ,『フラッシュ』 (光文社) が相次いで創刊された。各誌のスキャンダリズム中心の取材・編集方針はさらにエスカレートし,写真週刊誌によるプライバシー侵害問題は,ついに社会問題化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

写真週刊誌の関連情報