コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文藝春秋 ぶんげいしゅんじゅう

3件 の用語解説(文藝春秋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文藝春秋
ぶんげいしゅんじゅう

1923年1月に菊池寛が創刊した雑誌。最初は文芸雑誌であったが,26年に総合雑誌に転進。 44年企業整備のため,また文芸誌に転換させられ,45年4月休刊。第2次世界大戦後は 45年 10月復刊号を出したが,46年3月に菊池は引退し,佐々木茂索を社長に,池島信平らが文藝春秋新社を設立し,『文藝春秋』を続刊,49年夏頃から部数が急増し黄金時代を迎えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

文藝春秋
ぶんげいしゅんじゅう

総合出版社。 1923年菊池寛の主宰により創立され,雑誌『文藝春秋』を創刊。 28年株式会社に改組。 30年に発行した『オール読物号』を,翌 31年『オール読物』として月刊化。 35年芥川賞直木賞を制定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文藝春秋の関連キーワード菊池寛女学雑誌西洋雑誌直言文芸報菊池菊池寛賞婦女界婦人俱楽部文芸春秋[株]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文藝春秋の関連情報