コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文藝春秋 ぶんげいしゅんじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文藝春秋
ぶんげいしゅんじゅう

1923年1月に菊池寛創刊した雑誌。最初は文芸雑誌であったが,26年に総合雑誌転進。 44年企業整備のため,また文芸誌に転換させられ,45年4月休刊。第2次世界大戦後は 45年 10月復刊号を出したが,46年3月に菊池は引退し,佐々木茂索を社長に,池島信平らが文藝春秋新社を設立し,『文藝春秋』を続刊,49年夏頃から部数が急増し黄金時代を迎えた。「田中金脈問題」などのスクープで有名。

文藝春秋
ぶんげいしゅんじゅう

総合出版社。 1923年菊池寛の主宰により創立され,雑誌『文藝春秋』を創刊。 28年株式会社に改組。 30年に発行した『オール読物号』を,翌 31年『オール読物』として月刊化。 35年芥川賞直木賞制定。 36年『文学界』発行を文圃堂より引継ぐ。 46年用紙不足などにより解散したが,社員有志により同年文藝春秋新社として再建された。 59年『週刊文春』,69年『諸君!』を創刊。 74年,『文藝春秋』 11月号に掲載した立花隆田中角栄研究その金脈と人脈」および児玉隆也「淋しき越山会の女王」の2つのリポートは国内外でセンセーションを巻起こし,田中角栄首相を辞任に追込んだ。その一方で 91年創刊の『マルコポーロ』は 95年2月号に掲載の「ナチ『ガス室』はなかった」の記事がユダヤ人団体の猛反発を受け,回収・廃刊された。 1953年菊池寛賞,70年大宅壮一ノンフィクション賞も制定。資本金1億 4400万円,従業員数 392名 (1998) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

文藝春秋

株式会社文藝春秋が発行する総合月刊誌。毎月10日発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

文藝春秋の関連キーワードいわゆるひとつのチョーさん主義CREA TRAVELLER江口寿史の爆発ディナーショー11ぴきのねことあほうどりかいしゃいんのメロディー文藝春秋SPECIALおしゃべりなたまごやき「つなみ」の子どもたちNumber PLUSC級さらりーまん講座文春学藝ライブラリー時事おやじ2000問題サラリーMAN総統いまだ死せずロスジェネの逆襲文春文庫PLUS三匹のおっさん伝染るんです。動物つれづれ草遠くへいきたい

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文藝春秋の関連情報